ペアローンって何?

住宅ローンを組む時には、考えなければいけないことがたくさんあります。まず考えなければいけないのが、自分が住宅ローンを組めるかどうかということになります。住宅ローンは誰でも組めるものではなく、返済能力があるかどうかが認められなくてはいけません。公務員や医師や弁護士など安定していて収入が高い仕事に就いている人は有利になりますが、しかし単に年収が高いだけでもいけません。
もし住宅ローンが組めるとなれば、一番の問題は借入する際の金利で、金利は少しでも低いものを選ぶことがおすすめとなります。そして最近では住宅ローン控除というシステムがあるので、この制度を上手く利用することをおすすめします。
住宅ローンにはペアローンという方法があって、これは夫婦や親子など、同居する親族と一緒にお互いが主な債務者として、それぞれの連帯保証人となって住宅ローンを組む方法です。住宅ローン控除もそれぞれが対象になるので、両方が同じ位の収入がある場合は、絶対に利用した方がいい方法となります。昔はまだ収入が不安な子供と一緒に、親子で組む親子リレーの住宅ローンを利用する家族も多かったのですが、最近では共働きの夫婦が増えたので、夫婦でペアローンを組むといケースも多くなっています。
夫婦の場合のペアローンの注意点としては、もしもどちらかが仕事を辞めたり産休で休んだりした時にも、きちんと対応できるかということです。そして当然離婚する時のことも考えなければいけません。

注目コンテンツ

banner 頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

詳細はコチラ

banner 勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

詳細はコチラ

banner 繰り上げ返済って何?

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 住宅ローンを組む前に覚えておこう!. All Rights Reserved.